フッ素の大切な働きの3つ目に、歯の面をより強くすることが挙げられます。

歯の再石灰化時にフッ素を取り込むと、歯の表面の構造が従来のものよりも強固な結晶を作ることができます。

そのため、虫歯菌に侵されにくい歯が出来上がるのです。