フッ素をより効果的に効果を発揮させるには濃度が重要です。

日本国内では、2017年2月までは国内独自の基準である1000ppmFまでの濃度で販売がされていました。

しかし、2017年3月より国際基準(ISO)と同じく1500ppmFでの配合が認められています。