1500ppmFというフッ素の濃度は、国際基準(ISO)と同じ濃度です。

この濃度は歯科界では有名な虫歯予防が進んでいるスウェーデンなどと同じです。

これは歯科界では画期的な変更なのです。