日本では今、歯磨き粉剤に配合されているフッ素濃度は1450ppmFが多いです。

これは決められた濃度(1500ppmF)を少しでも超えてしまうと販売中止になってしまうための措置であるそうです。

この高濃度フッ素配合の歯磨き粉を選ぶことでより効果的な虫歯予防ができます。