酸性の飲料や食品を摂取したあとの歯磨きには要注意です。

特に酸蝕症と診断を受けた方は食後の30分は歯が再石灰化する時間ですので、その後に歯磨きを開始すると良いと言われています。

酸性のものをたくさん摂取し、歯が軟化している時には、唾液による再石灰化を待つために少し時間を置いてから歯磨きを忘れずに行ないましょう。