歯の根の部分の構造は、歯の頭の部分と違います。

歯の頭の部分、通常口の中で見えている部分は、エナメル質というコーティングと神経に近い象牙質という部分でできています。

一方で歯の根の部分は、セメント質というコーティングと象牙質でできています。