入れ歯は、健康保険適応内で作ることができる入れ歯と、適応外の入れ歯があります。

通常は、金属をふんだんに使い、より強力で頑丈な入れ歯が保険適応外の入れ歯です。

一方で、保険範囲内の入れ歯はプラスチック部分が多いのでやや強度が弱いですが、修理が容易にできる利点があります。